増毛の方法・施術Ⅰ

長期間による頭皮環境改善による増毛方法について

増毛の方法はいくつかありますが、増毛とは、生えている自毛の1本に複数の人口毛髪を結びつけたりして人工的に髪を増やす方法です。


増毛は、短期間で気軽に髪のボリュームを増やすことが出来ますので、発毛や育毛のように長期スパンで取組む事が面倒な方や、それにより生活のリズムが変わるのは困るという人にはおすすめです。また、かつらには抵抗あるけど、少しボリュームを増やしたいという人にもおすすめですが、現状生えている髪の毛に結び付けて増やす方法ですので、生えている髪の毛がない人はできません。


いくつかの方法があり、増毛の方法サロンで施術、自毛の根元に毛髪(人口毛髪)を数本結びつける、透明な糸に植えた数十本単位の人口毛髪を自毛に結びつける方法があります。


しかしここでは、現状生えている髪の毛に結びつける方法ではなく、長期的ですが自分の頭皮から発毛増毛を促す方法を紹介いたします。

健康な髪の毛を発毛増毛させるには、まずは栄養をきちんと吸収してくれる頭皮作らなければいけません。頭皮いかにを健康な(発毛に最適な)状態を作るか、その対策を考えましょう。


発毛増毛の方法として、頭に入れておいても良い情報として、ホルモンの関係があります。

ジヒドロステトステロンという男性ホルモンが発毛を阻害するものとして知られています。

AGA(男性型脱毛症)の主な原因ではないかと考えられています。

ジヒドロテストステロンは、どうやって生成されているかというと、男性ホルモンであるテストステロンと、頭部の毛乳頭に含まれている物質5α‐リダクターゼ(酵素)とが結合することによって生成されます。

生成された、ジヒドロテストステロンが、頭部にある毛乳頭の細胞内にあるレセプター(受容体)と結合することによって 毛母細胞の活動が低下し、髪の育成が阻害されているといわれています。

ジヒドロテストステロンの生成を防ぐことは可能なのでしょうか?
その生成を防ぐ対策を考え、発毛対策を考えましょう。

ジヒドロテストステロンの生成抑制作用がある果物として、キウイがあげられます。そのキウイの種のエキスはジヒドロテストステロンの生成抑制作用があります。

ある実験でキウイ種子抽出エキスの美容効果を調べた結果、キウイの種から抽出したエキスは、5αリダクターゼ阻害作用があり、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成抑制作用が確認されました。また、キウイはビタミンC、ビタミンEも豊富ですし、αーリノレン酸も含まれているので体に良い果物といえます。

別名「植物のカテーテル」と呼ばれる、「ノコギリヤシ」は、抽出されたエキスからは、抗男性ホルモン物質として効果があり、5αリダクターゼを阻害することで、体内のジヒドロテストステロン(DHT)量を減らしてくれます。

食べ物として、体内に取り入れやすいのは、キウイでしょう。

その他の増毛対策

  • 育毛剤
  • 育毛剤を徹底的に信憑性で評価。買う前に知っておくべき育毛剤のチェックポイントをご紹介!

発毛剤 売れ筋 ランキング